バイク運転が上達するためのバイク用バイクグリップサポーターです。初心者から永年乗っておられる方までご利用ください。

個人情報保護方針 製造販売元情報 0428-24-6457


    

ハンドルの握り方を変えるだけで、バイクの運転がしやすくなるバイクグリップサポーターです。
バイクはりきみを感じながらの走行が大変危険です。
そのりきみの元は、ハンドルを斜めに手の平中心に握りしめるグリップ(鷲掴みグリップ)です。
その鷲掴みグリップを修正することが、なかなかできません。
この画期的グリップサポーターで、その鷲掴みグリップを修正することができます。
バイクグリップサポーターは、従来にない全く新しい考え方から生まれた画期的商品です。


手の平にクッションをあてがうことでハンドルグリップを握りしめない(鷲掴みグリップにならない)ようになり、手元・腕・上体全体が力まない、堅くならない、疲れないようになります。この結果、乗り方・走り方が楽になる感覚を味わえます。そして使い続けることでライディングに余裕ができ、ニ−グリップタンクをしっかりと締め付けることができます。また、“ハンドル操作をする前に進行方向に顔を向け先を見続ける走り方”ができます。
バイクグリップサポーターは元バイク一発試験専門練習所オーナー杉本信一の発案品です。

バイクグリップサポーターを装着した状態。手と一体になるように弛みがないように装着し、使用することがだいじです。(軍手等のグローブは必ず使用してください)
バイクグリップサポーターの使い方
ブレーキ・クラッチレバー・スイッチ類は支障なく使えます。手の小さい方がレバーに小指が届かない場合でも操作には支障がありません。


バイクグリップサポーター本体です。
手の平にあてがうクッションと親指、小指を差し込む輪っか、マジックテープでV字にとめる方式のバイクグリップサポーターです。
more

バイクグリップサポーターの使い方
バイクグリップサポーターは、手袋(軍手など)を使用した上から装着します。弛みがなく手と一体になるよう装着することにご注意ください。
more

バイクグリップサポーターのご購入はこちらから
バイクグリップサポーターのご購入はこちらからどうぞ。郵便小包の代金引き替えでのお届けとなります。サイズは小・中・大があります。
more


正しいグリップ


ハンドルに向って直角のグリップ。手の甲と手首が平ら。
 
グリップと手の平の間にクッションで鷲掴みグリップにならない。

一般的なグリップ


ハンドルに向って斜めにグリップ。手首を押さえ込んでいる。
 
手の平を中心にグリップを握りしめている。一般的な鷲掴みグリップ。

バイクグリップサポーターを使うと

ハンドルグリップサポーターを使い始め、手元とか腕、上半身全体が力が抜けた上体を感じる、これで良いのか?と何か頼りなく感じると思います。しかし、力みとか堅さが取れている状態になっているわけですから、これでOKです。サポーターを使い始めて少ししますと、そのOKの状態での走行が普通になり、安全走行につながります。
また、前方の視界をしっかりと見ることだけに100%気を使う見方の走り方が身に付けることができてきます。安心安全で本物の乗り方は、目を活かすこと、走り方は目が走ることです。目がハンドルになります。
このサポーターを使用することで安心安全走行を行ってください。
※ご注意
前傾姿勢のスポーツタイプバイクにはこのサポーターはご利用になれません。

Copyright © 2015 Sugimoto co., ltd. All rights reserved. Yesterday昨日 Today本日 Total合計 Admin by Adart link
PAGE TOP ▲